ロボジーは爺

今見たい映画 『ロボジー』…

最初名前だけ聞くと、精巧なロボット??って思ったんだけど、そうじゃなくてロボットが爺さんなんだよね。

映画『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』を世に送り出してきた矢口史靖監督の最新作。


このロボットは、展示会直前に大破した二足歩行ロボット『ニュー潮風』の失敗をごまかすべく、急遽ロボットの中に入ることになった偏屈なお爺さん!!

このロボジーを取り巻く人々が織りなす人間模様をユーモアたっぷりの映画だとか。  絶対笑えるはず!! 今度の休みは映画館へ 


ロボジー

家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林(浜田岳)・太田(川合正悟)・長井(川島潤哉)の3人組は、近く行われるロボット博での企業広告が目的で、ワンマン社長(小野武彦)から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。
しかし、ロボット博まであと1週間というところで、制作途中のロボット「ニュー潮風」が木っ端微塵に大破した!
窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れて誤魔化す計画を立てる。
ロボットの外装にぴったり収まる人間を探すため、架空のオーディションが開かれ、仕事をリタイアして久しい独り暮らしの老人・鈴木重光(73歳)が選ばれる。
しかし、この鈴木がとんでもないジジイで…。
さらには、「ニュー潮風」に恋をしたロボットオタクの女子学生・葉子(吉高由里子)も巻き込み、事態は思わぬ方向へ転がり出す―。


小説ロボジー

新品価格
¥1,050から
(2012/1/13 12:58時点)

tag
C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


   プレビュー