ローマ法王を選ぶために行われる「コンクラーベ」。

バチカン市国にあるバチカン宮殿内のシスティーナ礼拝堂でおこなわれます。


この時使われる投票用紙を燃やす際、特殊な薬品を混ぜて、新教皇がまだ決まらない場合には礼拝堂の煙突から黒い煙を出し、新教皇が決まった場合には白い煙を出して外部への合図とします。


新ローマ法王
第266代のローマ法王に選ばれたのは、アルゼンチン出身のホルヘ・ベルゴリオ枢機卿で、フランシスコ1世と名乗ると発表されました。

その後姿を見せ、「世界すべての友情と愛と信頼のために祈りをささげ、実りある旅を続けることができることを期待したいと思います」と挨拶しました。


南米出身の法王はバチカン史上初めてです。





FX指南書
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://miki.pcspalm.com/tb.cgi/156

C O M M E N T


名前 :
URL :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


   プレビュー