健康ひろばは、美容、健康、病気などの体の情報や、簡単なダイエットの方法など、気になった事などを簡単に分かりやすく紹介しています。

タグ別アーカイブ: 手肌年齢

手肌年齢を若く保つ冬は、肌の乾燥が気になる季節。 特に手あれが酷くなる季節です。水仕事などで酷使され、冷たいからと言ってお湯で洗うと、益々油分をとられ…。顔の老化はメイクである程度カバーできても、手は目につきやすい部分。主婦の「手肌年齢(手肌の見かけから推測される年齢)」の実態調査で、20代30代主婦の約3人に1人が、「手肌年齢が、実年齢を10歳以上上回った。」って、結果がでたらしいです。やっぱり手のトラブルを引き起こす家事としては、食器洗いが原因と答えた人がダントツだったみたいです。手肌は顔の皮膚に比べて新陳代謝のスピードが遅いため、一度シミやシワといった老化のサインが現れると、なかなか元に戻すのが難しくなるので、若々しさをキープするためにも、ハンドケアはしっかり行っておきたいですよね!。ハンドクリーム塗り方手のひらにクリームをパール粒ほど出し、両手をこすり合わせるようにして温めると、とてもクリームの伸びが良くなります。片手で、もう片方の手の甲をやさしく押さえるようにプレスして、クリームをなじませ、しっかり浸透させましょう。両手の指を組んで上下に滑らせるようにすると、指と指の間までしっかり伸ばす。乾燥しやすい指先や爪まわりまでもみ込むようにしてクリームをなじませます。このとき、指先を軽くつまんでピンッと勢いよく離すようにすると、マッサージ効果で指先の血行が良くなります。ちなみに、ハンドクリームをチューブから直接手の甲につけ、そのまま両手の甲をこすり合わせるようにして伸ばしてないですか??この方法は楽だけど、クリームを手肌全体に十分に行き渡らせることはできないので止めてくださいね。続きはこちら健康ひろば
  tag 手肌年齢  

>>




AB-FAD
RSS