紅葉が綺麗な秋が終わると、いよいよ冬到来。


七五三の由来

七五三の由来晩秋から初冬にかけて吹く、木枯しの登場。

木枯しって聞くだけで、寒くなってきますね。

11月の暦では、七五三がありますが、近所のお寺ではもう『七五三まいり』を行っていました。

子供の頃、祝ってもらった七五三の由来と意味を、知ってますか?


七五三の由来

七五三の起源は、室町時代に「帯解(おびとき)の儀」から始まりました。

昔は、7歳まで神の子と考えられていたことや、7歳までの死亡率が高った為、無事に成長した子供を、神様に見せて感謝する意味もあり、性別を問わず立派に育った事を祝ったのです。

それまでの幼児の着物は、ひもで結ぶだけですが「帯解の儀で、帯を締める事で「魂が外に飛び出さないようにする。」と、云う意味もあるのです。

その後、
3歳「髪置(かみおき)」、5歳「袴着(はかまぎ)」、7歳「帯解(おびとき)」の祝いを正月や誕生日に行うようになり、旧暦の15日の二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たることから、何事をするにも吉であるとされました。
また、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになりました。

明治改暦以降は新暦の11月15日に行われ、現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土日・祝日に行なうことも多くなっています。

北海道等、寒冷地では11月15日前後の時期は寒くなっていることから、1か月早めて10月15日に行なう場合が多いそうです。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://miki.pcspalm.com/rainbow/tb.cgi/1

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  3000


   プレビュー