皆既月食は、月が地球の影で全て隠れる珍しい現象ですが、12月10日に日本全国で見られます。


皆既月食

皆既月食は地球の影(本影)にすっぽり入った時の現象です。普通、月は全て太陽に照らされて白っぽく丸く見えるのですが、地球の影になって欠けたように見える事が多くその見え方によって上弦の月とか下弦の月、三日月などその他色々呼び方をされ、歌や俳句などで、幻想的な風情をかもし出してくれます。

また、特に月と太陽の黄経差が180度の時を満月といい、秋の満月は美しいのでお月見として鑑賞され特別な年中行事が行われています。

満月は不思議な力があるとされ、日本では多くが善い方に捉えられますが、外国ではオオカミ男が現れるとか不吉な事が起きるとか言われる、地球から最も近い不思議な天体です。

11年ぶりに全国的に見られる好条件の皆既月食が2011年12月10日に起きます。

国立天文台によれば「2000年7月16日以来の好条件」と言われています。

月は東の空で10日午後9時45分から欠け始め、同11時5分から58分まで、高度70度を超える南の空高くで皆既月食になります。

その後、月の一部が見える「部分月食」となり、翌11日午前1時18分まで続くそうです。

皆既月食の色は、オレンジ色や暗い赤色や灰色など、様々な色で観察できます。好条件の皆既月食と言えども天候に左右されるのですが、主に地球の空気層を太陽光が通過する状態によって、すなわち時間や空気中の塵の状態によって、影になる月の色が、オレンジや明るい赤、暗い赤、灰色、黒色等と月の色が違うようですので、単に皆既月食を観るだけでなく色も観察するのも楽しいかも知れませんね。

ただ12月は冬ですから寒いので風邪などひかない様に注意したいものです。

また、12月となれば、新年まで残り僅かです、三越のおせち料理や、高島屋のおせち料理などで、新年を華やかに迎えたいですね。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://miki.pcspalm.com/rainbow/tb.cgi/12

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  3000


   プレビュー